放課後等デイサービス「ハッピーテラス」児童発達支援

求人特設サイト

放課後等デイサービス「ハッピーテラス」児童発達支援

支援事例

支援事例

放課後等デイサービス「ハッピーテラス」

相手のことを理解しようとする姿勢が身についた!

Yくん(小学5年生)

正義感が強く、「アニメのヒーローのように、正義をつらぬきたい!」という考えを持っています。何事にも一生懸命に取り組んでくれるのですが、自分の考えるルールへのこだわりが強く、周りの子どもの行動に敏感に反応し、自分のルールに外れていると、それを強要してしまう傾向がありました。

療育方針・支援方法

自分のルールだけにこだわらず、「社会で一般的なルールはどんなものか」を学んでもらうことが大切だと考えました。その「一般的なルール」を楽しんで学ぶことができるよう、本人の好きなアニメをモチーフに、「ハッピーテラス流 秘伝の書」というオリジナルノートを作成しました。「かっこいい社会人を目指すための教え」を、毎回スタッフが設定して、自分ルールだけにならないよう、いつでも「秘伝の書」で確認しなおせるよう、サポートをおこないました。
例えば「他生徒が指摘を聞き入れなかったときには、その理由を相手に聞くべし」「他生徒の良いところ、頑張っていることを見つけて、報告すべし」などの「教え」を通して、普段は受け入れにくいことでも、前向きに挑戦できるような工夫をおこないました。

最初は、周りの子どもたちの言動が気になり、正義感から強い言葉や態度で注意してしまうことが多かったものの、相手のことを理解しようとする姿勢が身につき、自分の考えを押し付けることは減ってきました。ヘッドフォンをして動画を見たり、粘土で好きな怪獣を作ったりと、集中できる活動をしてもらい、ストレスを減らす工夫をすることで、周りを気にしすぎて、干渉してしまうことも減りました。

体験会に参加してみませんか?

「できる!」を増やすプログラムの無料体験会を開催中。
資料請求のみのご希望も承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。