放課後等デイサービス「ハッピーテラス」児童発達支援

求人特設サイト

放課後等デイサービス「ハッピーテラス」児童発達支援

支援事例

支援事例

放課後等デイサービス「ハッピーテラス」

言葉でのコミュニケーションにチャンレンジ!

Mくん(中学3年生)

言葉でのコミュニケーションは苦手ですが、手を叩いたりジャンプしたりなど、体を使ったコミュニケーションで、他者と積極的に関わろうとします。相手の言葉を理解することができていましたが、周りが本人の気持ちを汲み取り過ぎ、本人から言葉が出る前にさまざまな手助けをしてしまっていたため、身振り手振りで自分の気持ちを伝えることに偏ってしまっていました。

療育方針・支援方法

余暇時間に使っている遊具を、周りの子どもから「貸して」と言われても、言葉で「いやだ」と返すことができず、「バイバイ」のように手を振ることで、拒否の気持ちを伝えようとしていました。
自分の気持ちを、周りの人にも分かりやすい「言葉」で伝えられるようにしていくことで、今後の生活がしやすくなっていくと考え、保護者の方に相談のうえで「言葉での表現」を目標としました。
それにあわせて、言葉で表現する機会を増やすための工夫をしました。本人のお気に入りの遊具を職員室で保管し、使いたいときには「貸して」とスタッフに言葉でお願いする、というルールを設定しました。まずスタッフが実際に手本を見せ、お願いをするときの流れも分かりやすく貼り出して、本人がルールを理解しやすいようなサポートもおこないました。

遊具の貸し出しのお願いをきっかけに、「貸して」だけでなく、「バイバイ」「こんにちは」など、言葉での表現が増えてきています。次のステップとして、自分が困っていて援助を求めるときや、授業中にトイレに行きたくなったときなど、周りの人に依頼や要求が必要になるさまざまな場面で、自分から言葉で伝えられるような支援を継続していきます。

体験会に参加してみませんか?

「できる!」を増やすプログラムの無料体験会を開催中。
資料請求のみのご希望も承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。